Google

Yahoo! JAPAN


薬剤師のイメージ!

皆さんは、薬剤師と聞くとどのようなイメージを持つでしょうか。 パっと思い浮かべるのが、ドラッグストアなどで市販薬を出してくれたり、市販薬の説明をしてくれる人なのではないでしょうか。 また、薬局などで医者から処方された薬を実際に調合してもらったり、薬の棚から出してくれたりする人を思い浮かべる人も多いかと思います。 そのような薬剤師の業務には、どのようなものがあるのでしょうか。

まず、薬剤師の業務で一番要となるのは、調剤という業務です。 この調剤という業務は、薬局などで医師や歯科医師、獣医師などが作成した投与が必要な医薬品とその服用量、投与方法を記載した処方箋をもとに、医薬品を調剤をすることを言います。 実はこの調剤業務、薬剤師の資格を持つ者にしか行うことのできない業務となっています。 調剤は、ただ単に患者に医薬品を提供するだけが仕事ではありません。常に医薬品情報の収集や、医薬品の管理、医薬品の調製などが付随してきます。 病院の医薬品情報管理室では、日々、医師、看護士、患者等から寄せられた医薬品情報が収集されています。このことが、より良い治療法の模索や、副作用の防止に役立てられているのです。

また、麻薬、覚せい剤、覚せい剤原料、向精神薬、毒薬、劇薬、生物由来製品など、様々な医薬品の管理は欠かせません。 各種規制により貯蔵・陳列法、帳簿の記帳義務などが、医薬品ごとに決まっているので、それぞれの性質に合わせた品質管理が必要となるのです。 この他にも、内服薬や注射薬などの医薬品の調製や、薬袋作成、 そして患者に医薬品を交付するときに同時に行う服薬指導、そして薬物血中濃度モニタリング、服用後の観察など、実に様々な業務があります。

薬剤師とひとくくりにされてますが、様々な薬剤師の名称があります。 例えば、管理薬剤師・専門薬剤師・認定薬剤師・・・etc。 ちなみに管理薬剤師は薬剤師の資格があればなれますが、 その他の専門薬剤師・認定薬剤師は新たに資格が必要となってきます。



Copyright (C) 2009-2013 髪型LINK集 All Rights Reserved.

薬剤師のイメージ! リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4